2018年04月18日

4月は古本屋に行きがち。

4月はさ、古本屋さんが熱いんだよね。

引っ越しとか
生活環境の変化で、
コレクションを処分するのかも。

そうすると、
欲しかったものが
ゲットできたりするんです。

このあいだは
こんな感じに、
買えちゃいました。

180415_1407~01.jpg

いやー、うれしいのなんのって。

平山夢明さんのエッセイは
ホントにおもしろいんですよ。

一度、図書館で読んだことがあるんですけど、
そのときすでに
発売から数年たっていたんです。

でも文庫化とかされてないから、
読みたくても読めなかったんですよね。
(2018・04・18現在)


あとね、
思いもしない古い本を
見つけることもできますよね。

180412_1819~01.jpgik.jpg

あの
池田貴族の本!

裏表紙を見たら
Xjapan
hideが写ってて

ik.jpg

「あの葬儀場で起きた
 不思議なこと」


ってあったので、
ものすごく興味がわいて買ったんですよ。

でね、読んでみたら、

「じつはhideとは
 知り合いでさ~」

ってことが書いてあるだけで、
そのあとは

「葬儀があった会場で、昔、
 怪談のイベントをやってさ~」

って
ぜんぜんかんけーないことが続くんですよ。

なんか
ズルいですよね~。

ボクは古本屋で
108円だったからいいけど、

定価で買った人はガッカリしただろうな~。


古本屋さんの楽しみは
知らない本に出会えるだけじゃなくて

こんなのが
はさまってることもあるんだよね。

180413_1833~01.jpg

今回は
「スピード2」のしおりと、

誰かさんの
水道料金の領収書でしたとさ。



平山夢明の全身複雑骨折



どうかと思うが、面白い



怖い話はなぜモテる



池田貴族のTVで話せなかった超怖い話 (竹書房文庫)



なまなりさん (幽BOOKS)

posted by かさぎ たすく at 19:18| Comment(0) | つれづれ日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得