2017年09月18日

すきま怪談番外編・30『カー・〇ックス』

とある海岸沿いにある
N公園では

発情した恋人たちが

週末ごとに
カー・〇ックスを
しているという。

そんなウワサを聞いた
男子高校生たちが

どうにかして
のぞいてやろうと

植え込みに隠れて
待っていた。

すると
1台の車がやってきて

すぐに
車体が上下に動き出した。

高校生たちは
大喜びで
ガッツポーズをとると

ゆっくりと
忍び寄った。

そっと
窓から車内をのぞきこむと

女が上になって
激しく
髪を振り乱している。

しかし
喜んだのもつかのま、

その手に
ナイフを持っていることに気付いた。

女は
性行為を
していたわけではなかったのだ。

返り血をあびながら

何度も何度も

下になった男を

メッタ刺しに
していたのだった。


瞬間、
仲間のひとりが

「うわぁッ!」

と声をあげた。


気づいた女は

血まみれの
すさまじい顔でふり返り

大きく口を開けると
こちらを威嚇した。


高校生たちは
腰を抜かしたが

あわてて
その場を逃げ出し
警察に通報した。

だが
パトカーがやってきたころには

さっきの車は
もうそこになかった。

今でも、

男の生死は

不明のままである。





すきま怪談5~死オマネキ (桜洋出版)



posted by かさぎ たすく at 15:15| Comment(0) | すきま怪談・番外編。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得